引越しをスムーズに完了させるなら業者に依頼【何かと便利】

作業が滞りなく進むために

ダンボール

気をつけたいこと

業者に依頼をして引越し作業を行う時に、頭に入れておいたほうがいいことがいくつかあります。同じ引越し内容であっても、料金や条件は業者によって異なります。そのため、見積もりを出してもらった上で内容の比較をしながら業者を決めていくことになります。引越し業者は他社と比較されていることを前提にして見積書を提出し打ち合わせを進めていますが、依頼主からも一言他の業者にも見積もりの依頼をしていることを事前に伝えることが大切です。業者は見積もりをするために時間をかけて、自宅まで足を運んで荷物の量などを確認します。このように時間を割いて無料見積もりをする業者には、相見積もりをしていることを伝えることがマナーと言えます。また違う業者と自宅で鉢合わせしないようなスケジュールを組んで打ち合わせする心がけも必要です。引越し業者は事前の打ち合わせや下見が終了すると、それをもとに作成した見積書の内容に従って後日契約書を提出します。そして引越し作業もその内容をもとに行われます。そのため、見積もり時には正確な情報を全て伝えるようにします。例えば引越しの金額は荷物の量で上下しますが、少しでも安くしてもらおうとして見積もり時に伝えていない情報があると、当日の作業に支障が出ます。さらに見積書にないことは引越し当日の作業にも含まれないため、後で追加料金がかかったりとトラブルにもなりかねません。見積もりをする時には、料金が上がる可能性があったとしても隠さずに情報を伝えておくことも大切なルールです。